効能・効果別 紅茶で健康生活

紅茶でリラックス

紅茶にはカフェインが日本茶などよりも多く含まれていて、カフェインには大脳を刺激する作用や覚醒作用があることから、ストレスからくるイライラや神経からくる不安感などを解消させリラックス効果につながります。

紅茶が成人病を予防する

紅茶に含まれている紅茶フラボノイドやタンニンには蓄積された活性酸素を抑制する働きがあり、成人病の予防に効果があると言われています。

ガン予防にも紅茶

カテキン類や紅茶フラボノイドによる抗ガン・抗酸化作用が活性酸素の活動を抑制し酸化を防ぐことにより、細胞機能を守り維持させることからガン予防に効果があると言われています。ビタミンEも豊富に含まれているので、紅茶を飲み続けることによってガンの予防効果が期待されています。


紅茶でうがいをしよう

紅茶に含まれているカテキン類には風邪ウイルスなどの活性を抑える作用があり、ウイルスの感染を防ぐ効果があることから、紅茶をうがい薬として利用すると風邪の予防などに効果があるようです。

虫歯予防に紅茶

紅茶には歯の形成に働きかけ丈夫にする効果があるフッ素が含まれています。他にも紅茶に含まれる紅茶フラボノイドやカテキン類には殺菌・消毒作用があり、これらが虫歯の原因となる歯垢や細菌を抑制し防ぐことから、虫歯予防に効果があると言われています。

紅茶がダイエットをサポート

紅茶を飲んで運動をすると脂肪分が先に燃焼されてエネルギー化され、代謝促進との相乗効果によって肥満防止やダイエットに効果が期待できます。また持久力も向上され、肥満防止にもつながります。

老化防止には紅茶

紅茶成分のタンニンには脂肪分解作用や血中コレステロール抑制作用などの効能があり、新陳代謝を促進させ活発にすることにより老化防止につながります。酸化を抑制するビタミン類も豊富に含まれているので、紅茶を飲み続けることによって老化防止・美肌効果につながります。