シナモンティー

お菓子やフルーツと好相性。甘い風味でおなかを温めます。

日本では古くから「ニッキ」と呼ばれ親しまれてきたシナモンは、甘くスパイシーな香りで他のハーブや紅茶などとブレンドして利用される事が多い。最近では、そのままスティックを1日1本食すると血糖値を下げる効果があるとして注目されています。

シナモンティーの効果・効能

体を温める作用、解熱・鎮痛作用、風邪の諸症状、血糖値を下げる、消化不良など


シナモンのブレンドティー(レシピ)

シナモンはストレートより、アクセントとして香りや風味を楽しみましょう。特にりんごと相性がよいと言われていて、お茶だけでなく、ケーキやクッキー、ヨーグルトなどにもおすすめ。シナモンを使ったおいしいレシピを紹介します。

アップルシナモンティー

りんごにはりんごポリフェノールである「エピカテキン」の抗酸化作用で病気予防効果があると言われています。含有量も緑茶とほぼ同量、熱にも強いのでホットティーに用いてもその強力な抗酸化パワーは衰えません。

  • [効能・効果]
  • 免疫力アップ、抗酸化、血行促進、血糖値を下げる、風邪、解熱・鎮痛作用
  • [材料]
  • ティーバッグ 1袋
  • 熱湯 150cc
  • りんご(いちょう切り)  2~3切れ
  • シナモンスティック 1本
  • [作り方]
  • 1 温めたティーポットに材料を入れ、熱湯を注ぎ、約1分半蒸らします。
  • 2 ティーバッグとシナモンを取り出したら、りんごごとカップに注ぎ完成です。

シナモンとバナナのココアラテ

バナナの整腸作用とシナモンの解熱効果で、風邪のときにおすすめのココアラテです。

  • [効能・効果]
  • 整腸作用、血行促進、血糖値を下げる、風邪、解熱・鎮痛作用
  • [材料]
  • バナナ 3本
  • 牛乳 400cc
  • ココア  大さじ2
  • 氷 適量
  • シナモン 適量
  • ガムシロップ  お好みで
  • [作り方]
  • 1 バナナ、牛乳、ココア、氷をミキサーにかけます。
  • 2 グラスに注ぎ、シナモンを振りかけて完成です。

お好みでガムシロップをどうぞ。バナナはあらかじめ冷凍しておいたものを使うと氷無しでおいしく作れます。

キャラメルシナモンヨーグルト

食べるシナモンレシピ。ヨーグルトにバナナをカットしたものを入れてもおいしいです。

  • [効能・効果]
  • 血行促進、血糖値を下げる、風邪、解熱・鎮痛作用
  • [材料]
  • 砂糖 カップ1
  • 水 大さじ1
  • 生クリーム  150cc
  • 無塩バター  15g
  • シナモンパウダー  小さじ1
  • [作り方]
  • 1 砂糖に水を入れ、レンジで約4分加熱する。お砂糖が焦げないように注意しましょう。
  • 2 生クリームを少しづつ加え、混ぜる。
  • 3 バターとシナモンを加える。
  • 4 ヨーグルトを器に入れ、キャラメルソースを入れて軽く混ぜる。シナモンパウダーをかけて完成。